FC2ブログ

黒石の街角-16



PA030820.jpg

14/10上旬  黒石

上:楼閣付きの消防団の建物。手前は鉄製の火の見櫓なのですが殆ど同じ高さです。
下:若干の色付きを見せる庭木。少し戻って津軽こみせ株式会社の裏手にて。

黒石の街角-15



PA030782.jpg

14/10上旬  黒石

お洒落な木造ハウス。いかにもな雰囲気でgood。

黒石の街角-14

PA030778.jpg



14/10上旬  黒石

名前の割に大店が並ぶ小店通りを離れて再び市中へ。

上:黒石の猫。野生の残る表情。
下:黒石のモルタル木造ハウス。

黒石の街角-13



PA030104.jpg

14/10上旬  黒石

黒石の判じ物。通路の入口中央にあるところをみると、踏絵か何かでしょうか。

こみせ通りの観光センター・津軽こみせ株式会社の裏手にて。
奥に良さげな蕎麦店があって、一休みしようかと思いましたが、残念、休憩時間に入ったのか
終了していました。→次回は迷わずここにしよう。

黒石の街角-12

PA030812.jpg



14/10上旬  黒石

再びこみせ通りにて。
黒石の郵便ポスト。→と言っても標準型。赤に惹かれて撮ります。

黒石の街角-11



PA030774.jpg

14/10上旬  黒石

黒石の光と陰。

黒石の街角-10



PA030794.jpg

14/10上旬  黒石

一旦こみせ通りを離れて黒石市中をアチコチうろつきます。

上:雑貨屋さんだか骨董やさんだか、時間の都合でスルーすることに。←残念。
下:市内のソコカシコに展開する飲食街。妖し楽し気。

黒石の街角-9



PA030695.jpg

14/10上旬  黒石

上:洋風クラシックな家。シブい。
下:蔵造りの開口。少々凝った意匠。

黒石の街角-8



PA030699.jpg

14/10上旬  黒石

上:材木の木端写真。見つけ次第撮ります。
  初めて撮ったのは超大昔、当時晴海にあった国際展示場辺りの材木置き場でしたね、確か。
下:呉服店のクラシックな箱文字に惹かれて。書体がgoodです。

黒石の街角-7



PA030692.jpg

14/10上旬  黒石

少し戻って、こみせ通りまでの街角にて。

上:ナゾの赤いタワー。
下:理髪店なのかな。

黒石の街角-6



PA030719.jpg

14/10上旬  黒石

立派な酒林の架かる家。重要文化財の造り酒屋さん。

黒石の街角-5



PA030741.jpg

14/10上旬  黒石

黒石の観光センターと思しき土産物店。ここは津軽こみせ株式会社として組織運営だそうです。

上:店内の飾り付け。
下:無料のお茶のサービスと津軽三味線の生演奏付き。このお兄さんは気さくかつ確かな腕前でトークも巧み、
  観光客を楽しませます。
  このお兄さん伺った所、昔は冬は二階から出入りするくらい雪が積もったそうですが、最近は滅多にそんな
  ことはないとのこと。

黒石の街角-4



PA030755.jpg

14/10上旬  黒石

シーズン外れのためか意外にも疎らな観光客。

黒石の街角-3



PA030735.jpg

14/10上旬  黒石

お目当ての雁木を行きます。
黄色い暖簾で行く人を招いているのは、重要文化財の高橋家。

黒石の街角-2



PA030708.jpg

14/10上旬  黒石

こみせ通りは雁木の町。
大昔、小学校の教科書に越後高田の雁木が写真入りで紹介されていて、雁木と云えば高田の専売特許と
思い込んでいたのですが、日本全国各所の雪深い町には結構あるんですね。

黒石の街角-1



PA030703.jpg

14/10上旬  黒石

上:まずは腹ごしらえと駅広直近の百年食堂へ。名物らしいつゆ焼きそばはパスして、普通のラーメンとビールを
  頂きました。この時点では只の食事処と思っていたのですがその後、こみせ通りの観光センターらしき土産物
  店で、この百年食堂で流していた由緒ドキュメント番組を発見、意外にも観光ポイントだったのかな。
下:駅から少し歩いて、いよいよ観光名所のこみせ通りへ。

弘南鉄道弘南線-4



PA030681.jpg

14/10上旬  黒石

黒石駅構内にて2。弘南鉄道の面々。
 

弘南鉄道弘南線-3



PA030683.jpg

14/10上旬  黒石

黒石駅構内にて。ラッセル車に目が行ってまずはパチリ。
←まだ出動には早いように思いますが、事前の準備怠り無しと云うことかな?

弘南鉄道弘南線-2



PA030649.jpg

14/10上旬  弘南線

弘南線の車窓から。

上:車窓の津軽富士。見事な景観です。
下:津軽平野は、杭掛けが主流のようです。(水平一段のハサ掛けも見かけました。)

弘南鉄道弘南線-1



PA030666.jpg

14/10上旬  弘前

新青森で、新幹線から奥羽線に乗換え弘前へ。
弘南鉄道弘南線は、大鰐線と違ってJR弘前駅と一体化されています。
屋内のガラス張りの幅広跨線橋を渡って弘南線のホームに向かいます。
手術入院前の六月に白石を訪れましたので、今度は黒石へ行って見ようと云う訳です。

上:弘南線のホームにて。
下;弘南線の車中にて。幼稚園児と同乗、おかげで和やかな雰囲気。


プロフィール

maiden-mai

Author:maiden-mai
文字通りの週末フォトグラファー。
このところα700が重たく感じられ、話題のミラーレスなど導入すべきかと考え始めてはいるものの、NEX、E-PL2、GF-2・・・
いずれを取っても帯に短しタスキに長し。如何としたものか。

・・・で結局のところ、2011/06/21 オリンパスE-PL2を購入しました。

・・・でさらにその後、2013/07/13 オリンパスE-PM2を買い足しました。

・・・でまたその後、2015/12/21 昔のミノルタレンズを使いたくて
SONY α7Ⅱを購入←やはり重そう。

*開設主旨:[カテゴリ]欄[未分類]下段を御覧下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR